母乳が少ない、母乳育児できなかったけど子供はちゃんと育つの?

母乳で育てるというのはママにとってやりがいとか達成感とか

母としての本能など色々なことがあります。

なによりも母乳で育てた方が経済的に安上がりなんです。

 

ただ、それでも母乳がなかなか出ない

必要量の母乳が出ない

それで苦労されるママさんも少なくはありません。

 

そんな母乳がなかなかでなかったママさん二人の話。

もし自分がミルク育児になったとしても気を落とす必要はありません。

 

ミルク育児だと子供の成長に影響はあるの?という回答

私は母乳があまり出ず、ミルクと母乳の混合育児で長女を育てました。

周りは完全母乳のママさんばかりで、自分の母も、義理の母も完全母乳だったため、母乳があまり出ないことが本当に辛かったです。

毎日のように母乳が出る方法がないかネットで検索をし、毎食二杯の白米を食べる・根菜を食べる・3リットル以上の温かい水分を摂る等実践していました。また、母乳が良く出るというハーブティーを購入し、飲んだりもしました。2時間以上空いたら母乳を吸わせ、夜中も目覚まし時計を掛けてまで、添い乳で飲ませたりもしました。

しかし、どのような方法を試しても、十分な母乳を与えることができず、ミルクを足す毎日でした。

母乳が出ないことが辛く、母親失格だと思い、涙することもありました。

しかし、娘はとても元気に育ち、クラスでも一番大きく、大きな病気をすることもなく、風邪もあまりひきません。

母乳で育てると健康に育つと言いますが、あまり関係はないように思います。自分を責めていましたが、娘にとっては母乳だろうが、ミルクだろうが関係のないことでした。

今、二人目が産まれたばかりで、やはり母乳が足りず混合育児になっていますが、今回はあまり落ち込まずに、おおらかに混合育児ができたら、と思っています。

 

周りからは母乳を出せといわれても出ない辛さ

 

生まれてすぐはうまくおっぱいをあげることができず、また赤ちゃんのほうも上手く乳首を吸うことができないため、ギャンギャン泣いてしまうことが多く、同居の義母や様子を見に来る親戚のおばさんたちからの

「お乳が足りてないから泣いているのね」

という言葉がとても辛かったです。

 

本来であればそのまま頑張って飲ませ続ければ、私も赤ちゃんもタイミングが合うようになってうまく母乳育児を続けることができたと思うのですが、母乳が足りないと勘違いした義母たちが、すぐにミルクを作って与えてしまうので、結局ぎこちないまま母乳育児終了となってしまったことがとても心残りです。

 

また、母乳が良く出るように桶谷式マッサージに週一回通ったりしていたのですが、それでも体質のせいか乳腺が詰まりやすくなってしまい、病院で針で乳首の先の皮を破り、母乳を出すことがよくあり、そのことについてもとても辛かったです。

病院へ行くと時間もお金もかかりますので、最後のほうは自宅で自分で針を使って処置していました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

母乳育児
母乳は努力で出たけどその後が大変だったこと

苦労して母乳がちゃんと出るようになることは多くあります。 これで育児もちょっとだけ一安心と思いますよ …

母乳育児
母乳が出すぎる人母乳が出なかった人の相対的な心情をまとめました

母乳の量は人それぞれです。 食生活もありますし、遺伝的なもの、ストレスや年齢など様々。 育児において …

母乳育児
なんだかんだで完母になった人って達成感あったの?

完母で育てた。 母乳が少ない、なかなか出ないで悩むママさんにとっては羨ましい話です。 ただ、完母を達 …