母乳は努力で出たけどその後が大変だったこと

苦労して母乳がちゃんと出るようになることは多くあります。

これで育児もちょっとだけ一安心と思いますよね。

ただ、母乳が出たら出たで今度は大変なことが降ってわくのが育児というもの。

そんな母乳が出た矢先に起きたしんどいこと、まさかと思うことを紹介します。

 

母乳にこだわりすぎて卒乳タイミングを逃した

出産した病院が完全母乳を推進しているところで
はじめての出産ということもあり
ミルクという選択肢ははじめからありませんでした。

ありがたかったのは思った以上に母乳が出てくれたことで
母乳が出ずに困ったということはありませんでした。

大変だったことはまず新生児のころや
ある程度大きくなってからも
人に預けることができなかったという点です。

一才頃になれば自然と卒乳するだろう、という
甘い考えでいましたが
一才を無事過ぎた頃に全くやめる気配がなかったのには
自分でもびっくりしました。

そして次に食事が進まないという点です。

オッパイをやめないのでもちろん
離乳食は全然食べませんし、
食べてる途中でどうしてもオッパイを欲しがります。

それは一才三ヶ月になる今現在も続いています。
周りからまだオッパイをあげているの?などと
聞かれるととても辛くなります。

私もこの子もこのままで今はいいんだから
ほっといてほしいという気持ちになります。

心強いのは主人が
いつかはオッパイをやめるだろうし、
いつかはお腹いっぱいご飯を食べる日がくるよ
きっと今はオッパイが何より一番大好きなんだから
それでいいじゃないかといってくれたことです。

今はご飯もあまり食べてくれず、
夜もまだ3時間おきにオッパイを欲しがる娘ですが
いつかはオッパイをやめてほしくなくても
やめる日がくるのだから
今はまだこの幸せそうに
オッパイを飲んでくれる瞬間を
大切にしていこうと思います。

母乳は出たけど出たら出たで大変だった

新生児の時に、お乳がなかなか出ずに、張りだけがひどくなり、子供にもなかなか飲ませれなくて、苦戦しました。産後の入院中に、おっぱいに機械をつけて、母乳が出るように吸っていたのですが、すごく痛かったです。

さらに助産師さんに言われた母乳を増やしてくれる飲み物を飲むように言われました。

それのお陰か、おっぱいがよくでるようになったのですが、次は、おっぱいが出すぎて…夜中に母乳を絞らないと、熱をもち、張りがひどくなり、痛くて眠れませんでした。

子供もいっぱい飲んでくれるのですが、それに追い付かないぐらいの量でした。

たまに、疲れていて、搾らずに寝てしまうと…母乳が勝手にでていて、母乳パッドをつけていても足りず、服と布団が濡れていました。それを洗うのと干すのが、寝不足の体には、堪えました…。

ミルクを飲まず、完全母乳だったので、たまの息抜きや、旦那とのデートとなっても、子供を預けてどこかに行く事も出来ず、行けたとしても、2時間が限界だったので、一人だけの時間を作れないというのが自分にとって一番辛かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です